...
黒姫から - 野の贈物

黒姫から:
信越国境の黒姫山麓に居住して二十数年、私にささやきかける黒姫さんは深い霧のなかに衣をといて妖艶な姿をよこたえるかと思えば地霊にも変身する・・・デュアメルに倣って「我が庭の寓話」としたかったがとても及ばない、ともあれ日々の私の関心のありかを反映していることでしょう。これはまたはパソコン通信の頃から始まってコンピュータ通信環境の発展に沿いながら変遷しつつ今日に至っています。

黒姫山麓の蝶たち:
黒姫山麓の、1/50000の地図上で云えば百円硬貨ほどのなかで100種近くもの蝶たちと出会う・・・北信濃には120種ほどの蝶が棲息するけれども、それが我家の庭とその延長のようなごく限られたところであることを思うと驚きだった・・・そんな黒姫山麓の蝶たちのアルバムです。

ブログ:
日々の写真をおおむね(昨今は)週ごとのスライドショウにして収録した「続・黒姫から」および此の前編である「黒姫から」などへのリンクもこのなかに含まれています。

Imagine Iraq:
遥かな昔の幾年かを過ごしたイラク、チグリス-ユーフラテス河口からクルディスタン山中までイラク全土の人々や風土のイメージがあなたの裡に膨らむように・・・イランイラク戦争前のつかの間の比較的平穏だった日々のイラクです。

Platero y yo:
アンダルシア生まれの作家 ホアン・ラモン・ヒメネス の散文詩集、スペイン語全篇を収録、そして幾つかに日本語訳を付しています・・・叶うならば(ねがわくば)数十篇を訳したい。

Siddhartha:
祖父ともおもいつつ敬愛したドイツ語の作家、詩人、ヘルマン・ヘッセの『ガラス玉演戯』とならぶ代表作のひとつ、インドの物語・・・原語全編、これも叶うならば(ねがわくば)翻訳したいひとつ。

著作権の表示:
共有にはクレジットを明示すること・無断改変の禁止・無断営利使用の禁止など〝クリエィティヴ・コモンズ〟の提唱に準じます、仔細はリンクから。

ことづて:
もしも何かご用やお話しになりたいときには此のメールフォームからどうぞ。

 黒姫のよしはら
...